ディスカバリー 検査ツールリスト


  1. Discovery デルタE (ΔE 色差検査)ISO/ANSIのバーコードグレーディング:1D,2Dコードのグレードのリアルタイム検証。
  2. 色差検証:印刷の実行を通じて色の見本との差異を監視および傾向分析し、色が設定された許容範囲外に逸脱した場合のエラーを特定。 デルタE 色差検査
  3. 印刷品質:一般的な印刷品質の欠陥(汚れ、傷、抜け等)を特定する印刷品質検査の基本的な機能の総合ソフトウエア。 DiscoverySmartPQを参照してください。
  4. メールマークと郵便コードの検証と追跡:印刷品質が不十分なメールバーコードの修正等に関わるコストの掛かる再メーリング作業、郵便コードによるご配達や不正をも回避可能です。当社のメールマーク検証のソリューションページを参照してください。
  5. 住所マスキング:窓あき封筒内に宛名が完全に表示されていることを確認し、誤って折りたたまれたり挿入されたドキュメントが原因で配達不能な郵便物が、混入するようなトラブルを防ぎます。
  6. 検査対象の有無検出:指定用マークの有無、ロゴが正しく印刷されているか?、分類区分別管理なとのメーリング処理に必須な検査
  7. スクラッチパネルの検証:カードや、クジ内の正しい位置にスクラッチパネルがあることを確認、
    スクラッチパネルの傷の有無、印刷番号を読み取ることで、カード等の遺失も管理
  8. 印刷ノズルチェック:インクジェットのアレイテストパターンを印刷して、ブロックされた、または空の印刷ヘッドによって引き起こされたボイドやストリーカーを特定します。このツールにはインクジェットノズルの品質のチェック機能が含まれます。(Discovery JetCheck
  9. 見当測定:指定印刷部分の位置確認、印刷見当ズレ量を測定
  10. 画像のアーカイブ:エラー画像のみ、或いは全ての画像、または全ての「n」画像を保存して、様々な印刷/メーリング等の検査内容を証明する機能
  11. 色差検証:印刷の実行を通じて色の見本との差異を監視および傾向分析し、色が設定された許容範囲外に逸脱した場合のエラーを特定。 デルタE 色差検査
  12. カラーレジストレーション:カラー印刷の見当とその差異を、搭載機本体へフィードバック、或いは、ライトや音で単純に作業者に警告通知。
  13. 形状ファインダー:特定の印刷パターン、ロゴ、または署名を認識し、ソートする機能
  14. Address checking
    住所チェックツールは、メールインサーター出口スキャン用に設計されており、ウィンドウまたは封筒に表示される住所が郵便局の要件、つまり住所あたりの最小行数、行あたりの最小文字数、郵便番号など)を満たしていることを確認します。)
  15. CodeConfirm
    コード確認は、印刷の一貫性がないためにOCRが文字の読み取りに苦労している印刷品質の低い環境(CIJプリンターなど)向けに設計されたツールです。 CodeConfirmを使用すると、ユーザーは文字のサイズを確認し、文字数を数えて、文字のサイズと文字数が正しいことを確認できます。ただし、データの整合性を読み取ったりチェックしたりする次のレベルには進みません。
  16. Indica Reader
    インディシアリーダーは、郵便業界が、郵便料金計量機によって生成されたインディカ(主にUSPSとDeutche Post用)をチェックして、郵便局の仕様内にあることを確認するためにも設計された特別なツールです。
  17. Missing Trigger
    ミッシングトリガーは、連続ウェブ用に設計されたセーフガードツールです。ウェブが特定の距離まで移動し、カメラがまだトリガーされない(または画像の取得を終了しない)場合、システムはすぐに停止信号を発行して、カメラシステムに問題があることを示します。


  1. お問い合わせは、下記へお願いします。
    株式会社リベロ EMAIL: info@libero-inc.com
    〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773 電話:03-3370-6373
    支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10 電話:03-5714-7330

シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries