リベロ取扱製品リスト

ETIコンバーティング : 未加工基材からシリコン、粘着剤塗工他、ラベル一貫製造システム 「コヒージオ」

当社。㈱リベロでは、ナローウェブ印刷・加工機器を長年取り扱っています。
ラベル印刷加工、印刷面ビデオ画像検査、バーコードグレード検証システム、機能性インク等のウェブ加工消耗品、
BF・可変情報印刷、ディジタル印刷機器、フレキシブルパッケージ、ライトパッケージ、RF-ID加工等を、この
ウェブサイトで紹介しています。下記のリストにない場合には直接お問い合わせください。


CTIは、全てのインクに、ビスフェノールA、F、Sを含みません。


コロナウィルスに関して

CTI 「Chromatic Technologies Inc.」は、オハイオ州デイトンにあるAmerican Thermal Instruments(ATI)と提携し、新しいCOVID-19のワクチン、治療薬のすべて保護するための新しい印刷可能な温度、
改ざん、認証技術を提供しています。凍結域に達したこと示すインク、高温に晒されたことを示すインク、そして正規品であること示すインクの全種類を提供することで、プロジェクトに参加しています。
ATIは、すでに数十の製薬会社と協力しており、COVID-19のすべてのR&Dと立ち上げの取り組みを
サポートするために、このプログラムを熱心に推進させています。

企業でも、新コロナウィルスの感染曲線を平坦化するために、できる限りの努力を行なうことが重要です。
米国では、多くの企業、組織が、地元の病院にPPE(個人防護具)を寄付している一方、
自社使用の為にPPEを必要としていて寄付できていないことも事実です。
製造に関わる企業は、機械や作業領域を掃除する際にはPPEの着用を必要としています。
しかし優れたクリーナーがあれば、PPE着用なしで済む可能性があります。
ブラッドリーシステムは、プロフェッショナルグレードのクリーナーを提供していますが、いずれもPPE着用が不要です。
当社の環境にやさしい製品は、デバイスの洗浄をはるかに簡単かつ費用対効果の高いものにします。
ブラッドリーシステムのクリーニング製品に切り替えることで、PPEの使用を削減してください。


Brands: Use Cups to Boost Customer Experience
CTI 機能性インクの紹介

新型コロナウィルスに対する経済政策のひとつとして、現金給付か、商品券配布かで論議されていますが、
商品券に決まった場合には、偽造、改ざん防止を施した印刷が必要となります。ナンバーリングは必須です。
ナンバーリングそれ自身はセキュリティでもありますが、1つ或いは2つの追加セキュリティ機能を付加する必要も生じると考えます。
セキュリティを明示的にするホログラムは、偽造防止を抑制する目的には適していますが、
1枚あたりのコストが何円という単位で追加されると同時に、専用の加工機が必要となります。
潜像技術を使って地紋等を製版する方法は、最も安価な方法ですが、「無効」等の表示を確実に潜像させるには、
事前にインク量、印刷圧等の社内技術の蓄積が必要であり、印刷中は常に作業者に負荷が掛かります。
当社の取り扱っているセキュリティインクの内、サーモクロミックインクは、認証の為に特別な器具を必要としません。
例えば、地紋や市町村名にこのインクを使用すれば、指で擦するだけで、退色或いは変色しますので、
一般商店で道具無しで真贋判定が可能です。またカラーコピー機で複製しても、
そのインク部分は退職、或いは無色になり、全く同一の商品券とはなりません。
現在でも多く採用されている確率されたインクです。また1999年の地域振興券でも多く採用されました。
インクは、UVオフセット、通常酸化重合オフセット、凸版印刷、フレキソ、UVフレキソでご利用になれます。
当該インクの情報は、当サイト内ご確認いただけます
直接の連絡は、株式会社リベロ 廣山宛 ”kaz@libero-inc.com”にご連絡ください。



この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は jpforms%20logo%20-3.jpg です

本社:〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773
電話:03-3370-6373 FAX:03-3370-0810
支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10
電話:03-5714-7330 FAX:03-5714-7864
Website ① Website ②
EMAIL: kaz@libero-inc.com

シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries