CTI ブラインド スポッツ HPP (高圧殺菌・滅菌加工表示)

高圧殺菌・滅菌製品のサプライチェーンのリスクとコストを削減

消費者は天然成分を含む食品に、防腐剤や加熱殺菌処理をを避けたいと思っています。安全性の確保と貯蔵寿命を長くするためブランドは高圧殺菌・滅菌処理(HPP処理)に移行しており、通常パッケージを3分間に87,000 psiの圧力を加えて処理しています。米FDAは、すべてのHPP関連ブランドに対して、2017年秋までにFSMA(食品安全近代化法)プログラムを実施することを要求しています。HPPプロセスの監視と監査を支援するために、CTIは、HPP処理された製品に、仕様を遵守してHPP処理がされたことを確認するために、実際に、87,000 PSIでパッケージに高圧処理されたインジケータを開発しました。 この業界初の技術は、ビデオで概要をご覧ください。

BlindSpotz™ HPP Validation from CTI (full presentation)

HPPインクはどのように機能しますか?

このテクノロジーが採用される前は、HPP処理をバイパスしたり、熱損傷を受けた製品があっても、サプライチェーン内で検出されず、消費者の手元に届いてしまう手爆弾のような製品が実際に存在しました。

1オンスの予防は1ポンドの治療に値する ― ベンジャミン・フランクリン(アメリカ,1706-1790)

CTI高圧インジケータインクは、従来のインクと同じように、透明または明るい白色でパッケージに印刷されます。 パッケージに圧力がかかると、色は70,000 psiで現れ始め、87,000 psiでフルカラーに増加します

HPPインクの機能の仕方

CTI高圧インジケータインクは、従来のインクと同じように、透明または明るい白色でパッケージに印刷されます。 パッケージに圧力がかかると、色は70,000 psiで現れ始め、87,000 psiでフルカラーに増加します。

高圧殺菌: 通常加圧時間での発色サンプル
高圧殺菌: 短時間での発色サンプル

各ラベルまたはパッケージ自体に印刷可能

驚くべきことにHP用フレキソ印刷は、UVフレキソ印刷、水性フレキソ印刷またはグラビア印刷、およびオフセット印刷形式でも提供できます。 追加の機器や材料は必要ありません。 インジケーターを既存のHPP処理製品のラベルまたはパッケージの一部にするだけです。詳細情報をご希望の方は、当社代理店いご相談ください。



  1. お問い合わせは、下記へお願いします。
    株式会社リベロ EMAIL: info@libero-inc.com
    〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773 電話:03-3370-6373
    支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10 電話:03-5714-7330
シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries