CTI – 企業概要


CTIは、新コロナウィルス ”COVID-19” サプライチェーンの保護に役立つ印刷可能な、凍結、解凍警告技術を発明しました。 当インクで印刷されたラベル等の技術は、強力且つシンプルであり、バイアルまたは注射剤に直接適用して、解凍、凍結、過度の熱、改ざん、および認証を正確に示すことができます。 CTIは、米国の新コロナウィルスのワクチン開発に際して、最初の1億回分にこの技術を無料で寄付しています。

CTIはビスフェノールA、F、Sを含まない機能性インクを開発し、製薬業界他の需要に応えています。


サーモクロミックインク
冷却側2段階温度設定
「温かい内にお届け」を証明する
改ざん防止, 温度管理
セキュリティ用途
セキュリティテープ:改ざん防止
一度凍結した場合には警告表示
非可逆性インク
サーモクロミック リヴィールインク
日光が当たると発色: 右2つの缶
サンライトインク
フォトクロミックとサーモクロミック併用例
日光に当たると発色してコメントを表示
セキュリティ:手を触れると色が変化
日光に当たるとメッセージ表示
子供たちを注に出して遊ばせる
飲料を入れると表示
左:温かい飲み物 右:冷たい飲み物
赤ちゃんを紫外線照射から守る
正しく密封されたか、否かを表示
高圧殺菌/滅菌処理プロセスの証明
例えば、水漏れ検知テープ
非可燃性インクテクノロジー
previous arrow
next arrow
Slider

CTIは、創業以来25年、ラベルやパッケージに印刷するためのフォトクロミックインクとサーモクロミックインクを中心に機能性インクを製造しており、
その印刷物の最終ユーザーであるブランドの成長と差別化を支援するイノベーターであり続けています。
CTIは、警告、保護、驚きに満ちた機能を化学によってインク技術に取り込み、生活の向上に役立つ製品の開発に取り組んでいます。

Brands: Use Cups to Boost Customer Experience

CTI 機能性インクの全製品紹介ページに移動


温度域を表示
サーモクロミックは冷却すると色が変わります。
消費者の40%は、冷たい飲み物が、ぬるい状態で提供されることに不満を持っています。
サーモクロミック技術は、消費者に温度域を表示して飲み物を提供するのに最適です。

詳細ページへ移動


サンライトで表示
フォトクロミックは、日光にさらされると活性化する色を変えるインクです。このインク技術は、消費者向けにシアター イン ザ ハンド経験を提供するには最適です。日光に当たることによって起動する機能は、ブランドの製品が、夏または日の当たる屋外での使用される機会を増やす方法のひとつです。フォトクロミックインクは、新世紀世代がソーシャルメディアで共有するコンテンツや、彼らのストーリーの作成にも最適な話題となります。
詳細ページへ移動


リヴィール機能
CTI リヴィールインクテクノロジーは、製品が温かい時や寒い時にメッセージを隠し込み、消費されるとメッセージやコードが表示される機能です。冷えた飲料が消費されるとコメントや画像が現れます。或いは、紫外線の無い室内から、日光の下へ出るとメッセージや画像が現れます。
CTIのリヴィールインクテクノロジーは、ブランドが消費者を驚かせ、喜ばせる方法の1つです。 ラベル、缶、カップ用のこれらの色が変化するインクの詳細についてはCTIとその代理店にご連絡ください。
詳細ページへ移動


グローインザダーク
CTIの蓄光インク:グローインザダーク(GID)インクは、光を吸収する為、照明がオフになっても光り続けます。グローインザダークインクを使用すると、ハロウィーンやその他の休日のプロモーションにアクセントを付けることができます。またグローインザダークを好む人は限定したイベント用ではなく、一年中好きなことを忘れないでください。
詳細ページへ移動


正しい温度を確認

サーモクロミックインクを使って印刷された製品とパッケージは、消費者の購入経験の認識度を向上させ、購入を決める行動意識を促進します。

購入意欲を向上

色を変えるインクを使ったインタラクティブなパッケージは、消費者に、あるブランドを別のブランドよりも購入または選択する別の理由を与えます。

ソーシャルメディアを活気付かせる

成人は 平均して1日10時間以上のデジタルメディアを消費しています。色が変わるラベルは、消費者がソーシャルメディアで製品について話す理由を与える体験的なパッケージングのひとつです。

偽造防止

毎年1.7兆ドル以上が、偽造品のために失われています。 CTIのインクの持つ偽造防止機能によって、サプライチェーンの信頼性を向上させます。
凍結・加熱でテープ剥離させて盗難、偽造、不正行為を不可逆サーモクロミックインクで明示します。

Z世代に訴える力

GenZ(Z世代)は、人口のほぼ26%を占め、440億ドルの購買力と成長を続けています。 この世代を忠実な顧客に取り込むことは、ブランドにとって次の大きな課題です。インタラクティブなパッケージングは、 デジタルでエンゲージするGenZを、
楽しませ、語りかけます。

人の安全を守る

HPP(高圧殺菌・滅菌工程済み表示)や、フリーズアラートインジケーターなどのCTIの食品安全技術は、適切な低温殺菌、ヒートシール、輸送を保証する最先端のものです。 CTIは、サプライチェーン内のさまざまな段階で製品の品質が低下した場合に消費者に警告するテクノロジーを提供します。


新コロナウィルスに関する現状報告 2020/06/15

大切なお客さまへ
COVID-19ウイルスに関するアップデート

新しいコロナウイルスによって引き起こされる病気であるに対して、CTIは、お客様と従業員を保護するために、そして業務を継続するために、当社は十分な対策を講じていることを知ってほしいと願っています。
食品および飲料サプライヤーへの機能性インク、セキュリティインクを提供する企業として、CTIは不可欠なビジネスと見なされ運用されています。

当社の施設に関して、社員全員を安全に保つために私たちが行ったことは次のとおりです。
すべての出張はキャンセルしています。 しかし、許可されればいつでも実行可能です。すべての従業員が、在宅業務できる体制であり、必要な最小人数は業務しています。
当社への訪問者は大幅に制限されています。 同時に海外からの来訪者は禁止されています。
当社従業員は、社内にいる間、少なくとも6フィート離れている場合を除き、常温で、手袋とフェイスマスクを着用しています。
配送部門は、製品を梱包する際にフェイスマスクを着用を義務付けています。
共用部分は、表面を1日に数回、漂白剤またはアルコールベースのクリーナーで拭き取っています。
体調不良の従業員は、通常の給与のまま、在宅待機させています。

当社の事業運営に関して最も重要なことは、サプライチェーンにウイルスよる混乱が発生したことはなく、当社の生産能力で従来通りの体制で稼働し続けています。
当社の在庫レベルも、通常のままであり、在庫の追加も行なっています。加えて、注文を満たすのに十分な在庫を確保するために、原材料の購入を増やしました。

また、ユーザーであるサプライチェーンが混乱した場合に備えて、一部のお客様とは高度な注文について協力体制を築き、生産体制を敷いています。

現在、これらの手順で十分であると考えていますが、ポリシーを変更し、ISO 9001のベストプラクティスを使用して、必要に応じてリスク、緩和戦略、および不測の事態を評価します。
ご不明な点やサポートが必要な場合は、お問い合わせください。

この困難な時期においても、あなたとあなたの従業員が安全を保つことを願い、祈っています。
CTI チーム



CTI (Chromatic Technologies Inc.)は、米国コロラド州コロラドスプリングス市に所在しています。
創業以来、色変化する機能性インクを開発・製造し、印刷業界に提供しています。
すべてのCTI製品は、同地で開発および製造されています。 研究開発、製造、販売を含むビジネスのすべてを1箇所に集中させ、
開発、評価、生産、出荷まで、迅速さと柔軟性を両立した組織で、ユーザーの満足いただける企業として評価されると同時に常に努力しています。


  1. お問い合わせは、下記へお願いします。
    株式会社リベロ EMAIL: info@libero-inc.com
    〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773 電話:03-3370-6373
    支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10 電話:03-5714-7330
シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries