今日の1枚:2020/03/20 サンタンドレデザール通り

パリの左岸 で、ローマ時代にパリを南北に縦断するサンジャック通り近くに宿泊すると、散歩する選択肢は多すぎる。サンテチェンヌ デュ モン教会を見て、若き日のヘミングウェイが宿泊していた地区や、コントレスカルプ広場へ行ってから道を選択するか、登坂ではあるがサンジャックをそのまま南に向かい、モンパルナス方面へ歩くか、素直にサンジャック通りを下ってノートルダム大聖堂まで行き、そのまま右岸に行くか等、パリの他の地区よりも選択肢が多い。しかし最も基準となるのは、サンジャック通りと並行するサンミッシェル大通りと東西に走るサンジェルマン大通りの交差点から北へ下ったサンミッシェル広場ではないだろうか。その広場から西に向かう細い通りがある。サンタンドレデザール通りである。細い道であるが、歩いてどこに行くのにも便利な道である。マザリーヌ通りと交差するまでに、右へ行けばセーヌ河岸からシテ島に渡れたり、セーヌの河岸に降りて散策できる。ドフィーヌ通りを選択すればシテ島のポンヌフ(橋)に出られるし、マザリーヌ通りを行けば、フィリップオーギュストの城壁跡を今でも残すショップや地下駐車場を見ながら、とポンデザール(橋)を渡ってルーブル宮に行ける。ルーブル美術館の地下に行けばフィリップオーギュスト城壁の西側防御監視塔跡が見学できす。 今日は、サンミッシェル広場からルーブル宮までのショットを掲載しよう。2005年の2月撮影。 ニコンがD200を発売前であり、フジフィルムSP3 Proでの撮影である。撮像面はAPCサイズで、1020万画素の時代である。ダストリダクション機能もなく、ブローで埃を飛ばすというフィルム時代からの手法を使っていたが、撮像素子に残った埃は同じ位置にいて結構気になる。


サンミッシェル広場: アジェもこの場所を撮っていた

サンタンドレデザール通り

サンミッシェル広場方面へ振り返る












コメント