CTI – ブラインドスポッツ ブログ記事

CTIのブラインドスポッツ
出荷製品用の凍結インジケーターソリューション:

BlindSpotz™は、オンパッケージ凍結アラートを提供して、食品、産業、および医療製品の品質を保証します。
コロラド州、コロラドスプリングス、デイトンやオハイオ州では、温度に敏感で、傷みやすい製品が、北米のサプライチェーンを駆け巡っており、顧客は温度管理が大丈夫であるかという疑問を持っています。
0°C未満の温度になると、果物、野菜、生魚や生肉、花、農産物、インク、化学物質、溶剤、塗料、医療サンプル、ワクチン、食品宅配に悪影響が発生します。

CTIは、パッケージに直接印刷できる新しい凍結インジケータラベルテクノロジーであるBlindSpotz™を発明しました。( 特許出願中の) パッケージの温度が0°C以下になると、パッケージの外側に不可逆な色変化が発生し、警告シンボル表示され、製品が破損したことをサプライチェーンにすばやく通知します。

American Thermal Instruments(ATI)とCTIのパートナーシップにより、個別のパッケージに経済的に印刷できる出荷用の凍結インジケーターが導入され、医薬品や食品のブランドと消費者を保護し、製品の無駄を減らしてコストを大幅に節約できるようになりました。 CTIはすべてのオンパッケージ印刷のテクニカルサポートを担当し、ATIはコールドチェーンモニタリングとデータの顧客実装を管理します。
コールドチェーン市場は、2023年までに2,930億ドルに成長すると予想され、2017年より54%増加します。この成長は、生鮮食品の国際貿易、冷蔵貯蔵および輸送の技術進歩、インフラストラクチャーに対する政府の支援に起因し、コールドチェーン産業の発展と生鮮食品に対する消費者の需要の増加をもたらします。 また多国籍企業による食品小売チェーンの拡大は、国際貿易を強化し、コールドチェーン市場の成長に影響を与えます。
現在のコールドチェーン が採用している、4°Cから-4°Cの間の温度を記録する技術は、デバイスごとに約3ドル掛かっています。 CTIのBlindSpotz™フリーズスポットテクノロジーは、パッケージあたり数セントで済みます。 CTIのこの技術は、パッケージング用の既存の印刷工程に追加として組み込むことができるテクノロジーです。 レタス、イチゴ、花、塗料、医療用ワクチンの何十億ものパッケージを個別に品質と安全性について検査することができます。

CTIのCEOであるパトリックエドソンは次のように説明しています。「食品、医療、産業のクライアントをサポートする世界中の包装会社はすべて、新しい革新のパイプラインにアクセスして、クライアントが品質、安全性を改善し、より良い消費者体験を作成できるようにしました。必要なのは1つのプリントステーションだけで、テクノロジーを実装できることです。凍結に敏感な処方箋をメールで送信できるようになり、患者が製品が凍結温度にさらされていないことを簡単に確認できるようになりました。また、コスト低減する上でも画期的なテクノロジーでもあります。今日、患者に対する米国でのHepBの単回投与は700ドルかかります。病院で凍結事故が発生して、冷蔵庫内に100回の服用分がある場合には、70,000ドルの在庫を破棄しなければなりません。 BlindSpotz™オンバイアル凍結インジケータを使用すると、当該医薬品をすばやく「OK」と使用できない「凍結」に分類できます。」 検査で10%だけが凍結損傷していることが判明した場合には、63,000ドルの節約になります。」

ATIの最高戦略責任者であるランドールレーンは、「もう1つの大きな課題は、食品廃棄物の削減です。現在、50,000ドルの生鮮食料品を配送するトラックが輸送中に-4℃であると測定された場合、出荷が拒否されるか、受け入れられるかが決まります。個々のパッケージまたはケースにBlindSpotz™凍結インジケーターを使用すると、すぐに検査および分類が可能です。
たとえば、トラックの荷物の30%が危険にさらされた場合、BlindSpotz™は、15,000ドルの不良製品が顧客に届かないようにするだけでなく、35,000ドルの良品として照明することで、製品廃棄、在庫切れ、物流のコストを劇的に削減します。食品医薬品局および米国農務省からの広範な政府規制により、温度の影響を受ける食品および医薬品のコールドチェーン監視が要求されています。データを記録し、パッケージレベルで検査できるようになったことで、監視とレポート作成が迅速に、且つ低コストで実現できるようになりました。オンパック印刷用の追加BlindSpotz™テクノロジーを利用して、冷凍仕様外の解凍、 -熱損傷、改ざん、および高圧殺菌(HPP)の検証を是非お勧めします。」
ATIは、温度管理、検査、資産追跡のリーダーとして、品質およびロジスティクスマネージャーが同様に取り組む企業です。

CTI Logo

CTI 総代理店 : 株式会社リベロ EMAIL: kaz@libero-inc.com
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773 電話:03-3370-6373
支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10 電話:03-5714-7330

シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries