LVS-95xx FAQ_データベース移行方法

旧バージョン (Ver.3.0.8e)から、最新バージョンへの移行方法、或いは
SQLサーバーエラーメッセージが表示された場合の対処方法のひとつ

Programdataフォルダーはユーザー固有であり、別のユーザーのProgramdataフォルダーにアクセスするには管理者権限が必要です。 MDBファイルの場所は、ソフトウェアが起動時に最初にインストールされるときにレジストリに保存されます。旧LVS-9500ソフトウェアでは、インストールの際にログインしている特定のWindowsユーザーアカウントのProgramdataフォルダーの下のMDBファイルの場所にレジストリ値を設定します。即ち、別のWindowsユーザーアカウントでWindowsにログインすると、そのユーザーがProgramDataフォルダーにアクセスするには管理者権限が必要です。本来当システムは専用PCに固定して使用することが基本ですが、最近では社内ネットワークの1部として存在させ、管理者と使用者を切り分けるユーザーが多く、これがインストール時に、ファイルの場所をパブリックフォルダーに移動した理由です。但しアップグレードのお客様は、通常ProgramDataフォルダーと古いファイル名(i9500.mdb対LVS-95XX.mdb)を使用し続ける設定です。

ソフトウェアをアンインストール/インストールせずに修正する方法をこれから示します。
その方法は、当検証システムのデータベースMDBファイルの場所を示すWindowsレジストリ値を削除です。
一例ですが、下図をご覧ください。レジストリキーはHKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Microscan \ LVS-95XXです。しかし、当検証システムを購入した時期によっては、レジストリキーは引き続きLabel Vision Systemsを使用する場合があり、レジストリキーは、HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Label Vision System \ …のようになります。
検索して、HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \\ branch.から完全に削除します。
下記の手順参照

  1. コマンドラインからRegEditを実行して、レジストリキーを削除します。
    1. レジストリキーを見つけます — HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microscan\LVS-95XX  (或いは、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Label Vision System\… )
  • 選択して削除します。
  • 管理者としてWindowsにログインします
    • 95XXソフトウェアを実行します。 
      • ソフトウェアが再び起動すると、空のレジストリ値が検出され、レジストリの再設定が試行されます。
        これは、Windows管理者としてのみ可能です。
      • ソフトウェアは、パブリックフォルダ「C:\Users\Public\LVS-95XX」に空のMDBファイルを作成します。
    •  95XXソフトウェアを停止します。 
      • 作成されたばかりのMDBファイルを、ProgramDataフォルダーにあるMDBファイル或いは、納入時のインストラー内の工場出荷時のMDBファイルにいれかます。即ち、C:\Users\Public\LVS-95XXに移動します。
      • その移動したファイルを、LVS-95XX.MDBとリネームします。

  1. お問い合わせは、下記へお願いします。
    株式会社リベロ EMAIL: info@libero-inc.com
    〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773 電話:03-3370-6373
    支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10 電話:03-5714-7330

コメント