今日の1枚:2020/03/12 映画 ミッドナイト イン パリ

3月4日にフェイスブックに上げたブログ「サンテティエンヌ・デュ・モン教会」に加えたいことができた。
数年前、モントリオールからの帰路、機内で見た映画に、この教会の西正門左側、即ち北側の門にある石の階段が映し出された。
すぐにサンテティエンヌ・デュ・モン教会と分かった。米国から旅行でパリに来た作家志望の主人公が、高級店での食事後徒歩での
ホテルへの帰路、迷い込んだ末、座り込んだのが、その階段である。午前零時に真上でその教会の鐘が鳴る。すると目の前にプジョーが止まる。
誘われて乗りこむと、既に1920年代のパリにタイムスリップしていた。その後20年代を彩り、現代でも極めて著名な芸術家や
小説家等と巡り合うという話であった。エンディングでウディ・アレンの監督作品であることは判った。彼自身の言葉を1920年代の芸術家達に語らせながら、
パリの初歩的な観光案内をするような映像作りであり、パリの主要な場所を殆どを網羅されていた。映画の題名は、「ミッドナイト イン パリ」。
今日最初の写真は、映画に出た、その階段だが、路地を撮っている私としては、教会左側の細い路地を狙った。
路地の名は、当然のように「 サンテティエンヌ・デュ・モン 通り」。夜明け前なので色温度も結構低いので青っぽい。
パリで買った800頁近くあるアジェの写真本のP354 では犬が入っているが、その画角を意識して撮影した。
2番目の写真は、映画ではタイムスリップの入り口となる1920年代のプジョーが午前零時に上がってくる、
モンターニュ サント ジュヌビエーブ通りから見たサンテチェンヌデュモン教会。
3番目は、この3枚の中では最初に撮ったものである。ホテルからパンテオン側への散歩では必ず撮る1枚である。
この日はパンテオンから、その教会右側のクローヴィス通り、フィリップス・オーギュストの城壁跡を通り、「移動祝祭日」を書いた頃、
ヘミングウェイ一家に滞在していた近辺のカルディナール ルモワール通りを通り、コントレスカルプ広場を廻ってから、
今日の2枚目の写真、1枚目の写真の順となる。

Today, I would like to add to my blog “Pantheon and Saint Etienne du Mont”, which was listed on Facebook on March 4th. A few years ago, on the way back home from Montreal, a film I saw on a plane showed a stone staircase on the left side of the church’s west main gate, the northern gate. Immediately it was identified as it was Saint Etienne du Mont Church. The staircase is where the aspiring writer who came to Paris on a trip from the United States returned to his hotel on foot after eating at a fine restaurant, lost his way, and sat down there. At midnight, the church bell rings directly above. Peugeot stopped in front of him. He was invited and boarded, and had already slipped back to Paris in the 1920s. It was a story of coloring the 20’s and meeting with some of the most renowned artists and novelists in modern times. The film’s ending proved that it was written and directed Mr. Woody Allen. The film was designed to give a rudimentary tourist guide to Paris, while allowing artists of the 1920s to speak his own words, covering almost all the major places in Paris. The title of the movie is “Midnight in Paris”.
The first picture today is the staircase in the movie, but I aimed at a narrow alley on the left side of the church. The name of the alley is ” Saint Etienne du Mont Street”, as expected. It is bluish because the color temperature is quite low before dawn. The dog was photographed in a photograph of 354 pages of the book of nearly 800 pages of Aget which I bought in Paris before, but I was conscious of the angle of view. The second picture is the church of Saint Etienne du Mont , viewed from Avenue Montagne Sainte Genevieve, where the Peugeot of the 1920s, which is the entrance to the time slip in the movie, rises at midnight. The third is the first of these three. This is one of the photos I take whenever walking from the hotel to the Pantheon side. On this day, I passed from the Pantheon through the ruins of Philippe Auguste, on Clovis street on the right side of the church. When Mr. Ernest Hemingway wrote “A Moveable Feast,” he stayed nearby Cardinal-Lemoine with his family, and I passed Place Contrescarpe. Then, I took the second and first photos of today.

モンターニュ サント ジュヌビエーブ通り: 1枚毛の写真は、この突き当りの階段。


コメント