パリの散歩:ソルボンヌ地区からバール通り周辺を巡る。

大島洋氏著「アジェのパリ」に、アフリカ等の地域への撮影旅行の帰路に、パリに寄り、ホテル サンジャックに宿泊したと書いてあった。私もこのホテルに、数回滞在した。昔は2つ星であったと記憶しているが、現在は3つ星である。ひとりの宿泊には、部屋の狭さを除けば、立地、通信環境、安全性などは必要十分である。

今から写真付きで紹介するパリの散歩ルートは、このホテルからである。
道を下ってサンジェルマン大通りと交差するところがモベール広場である。いつも小さな市がたっている。広場の周囲にあるカフェ、パン屋や肉屋は良く利用する。

朝の散歩の時は、いつも、ここで、この通りを渡る時が一番迷う。
サンジャック通り迄行って、橋を渡ってノートルダムの西正門に出るか、アルシェヴェシェ橋から大聖堂の内陣を、東側から朝日の当たるところを見るか、トゥールネル橋から遠景の美しい大聖堂を見ながら、サンルイ島に渡るか、そしてどの方向に決めても、サンジェルマン大通りを渡った後にどの通りを歩くかも選択肢が多い。
ビエーブル通りを歩きながら、周囲の道も写真を撮り、アルシェヴェシェ橋を渡ろうと決めた。(ビエーブル通りは、昔ゴブラン織りの染めを行なっていたビエーブル川を暗渠とした上の通りであると聞いた。)
ノートルダムやセーヌ川を見ながら、サンルイ島を抜けルイ・フィリップ橋を渡り、バール通りの低い傾斜の階段を上がる。

同行者がいる時は、バール通りを上がって左に行き、サン・ジェルベ=サン・プロテ教会を見て、パリ市役所裏から正面にでるルートになるが、私ひとりのこの日は右折して、フィリップ・オーギュストのパリ城壁が大きく残って、しかもそれが校舎の側面になっているシャルルマーニュ高校に行く。北向きのサンポール教会を南側から撮影したので、この教会のリヴォリ通りに回り込み、ホテルへの帰路を取る。途中、ロジェ=プリウ=ヴァルジャン庭園辺りを通り、マリー橋、トゥールネル橋で、トゥールジャルダンのあるセーヌ右岸の河岸通りに出て、色々な路地を見ながらに戻る。カメラを持って、1時間程の散歩である。


ホテル サンジャック、右奥にパンテオン

モベール広場近くのカフェ

フレデリック・ソトン通りからのパリ大聖堂の尖塔を撮ってから、右に向かいビエーブル通りに入る

ビエーブル通り : 昔ゴブラン織りの染めを行なっていたビエーブル川を暗渠とした上の通りであると聞いた。
トゥールネル河岸通りからビエーブル通りを振り返って撮影

メートル・アルベール通りとセーヌ河岸通りにある小さな広場:
塔は、昔はトイレであったが、今は広告用途の「ランビュトーの柱」

アルシュヴェシェ橋上から、トゥールネル橋方面を撮る

何回も書くが、パリ大聖堂の尖塔と、その手前の内陣の屋根は焼け落ちた。

サンルイ島の橋にあるカフェから、何回もこの景色を見たが、何年先に再建されるのであろうか?

ルイ・フィリップ橋上から見るシテ島。 画面左より朝日が、サンルイ島の影が対岸の建物に映る。

バール通りのカフェ:以前より椅子が上等になった

バール通りの左には、サン・ジェルベ=サン・プロテ教会

Allée des Justes de France

アジェは、このような扉もたくさん撮影していた。17世紀のの扉を見つたので、私も1枚。
Hôtel de Chalon-Luxembourg

フィリップオーギュストの城壁跡

フィリップ オーギュストの城壁跡が、校舎の側面になっているシャルルマーニュ高校

フィリップ オーギュストの城壁跡が、校舎の側面になっているシャルルマーニュ高校(2)

サン・ポール教会 :南向きの内陣側より

シャルルマーニュの泉

Le Village Saint-Paulへの路地

Le Village Saint-Paulへの路地にある書店

パサージュ サン・ポール :突き当たると、サン・ポール教会

サン・ポール教会:リヴォリ通りが先にそんざいしたのであろうか? 珍しい北向きの教会
サントノーレ通りにあるサン・ロック教会も同じような制約があったのであろうか? 南向きである。

リヴォリ通り

サン・タントワーヌ通りからフルシー通りに入る

ヨーロッパ写真美術館裏手: 早朝であったから、開館前

ロジェ=プリウ=ヴァルジャン庭園

トゥールネル橋より、シテ島方面を見る

トゥールネル橋の塔

セーヌ右岸の河岸通り
トゥールジャルダンは、この画像の右のタクシー乗り場前

コメント