ビスフェノールA、F、Sを含まないサーモクロミックインク

CTIは、ビスフェノールA、F、Sを含まないサーモクロミックインクを開発し、製薬業界需要に応えています


コロナウイルスの蔓延により、ワクチンと医薬品のサプライチェーンに対して世界の注目が集まりました。更に、コールドチェーンを監視し、温度の悪用と改ざんを識別して認証を提供する低コストテクノロジーへの関心が高まっています。
ビスフェノールA(BPA)は「内分泌かく乱物質」と分類されていますが、多くのプラスチック、食品および飲料用缶のライニング、ノーカーボン紙に含まれています。既にいくつかの会社は、ビスフェノールA、FおよびSをより慎重にするために制限することを試み始めました。 CTIはその取り組みを認識し、製薬包装会社が現在利用できる最新のイノベーションで対応しています。
CTIのBlindSpotz™テクノロジーは、凍結、解凍、段階的な加温、改ざん、認証を検出する薬物用の低コストの印刷可能なセンサーを作成した特許技術のポートフォリオです。
製薬観覧の印刷会社だけでなく、食品および飲料品ラベルパッケージの印刷会社でも、CTIの革新的なサーモクロミックインクにビスフェノールA、F、およびSを含まないことが求めています。これまで、印刷会社の中には、従来のサーモクロミックを厳格な内部および外部の規制基準に準拠していないことを理由に使用することを拒否している企業がありました。
CTIの最高経営責任者であるライル・スモールは、次のように述べています。「私たちは、サーモクロミック技術を再発明し、製薬業界の顧客の高い基準を満たすという課題に取り組みました。 「BPA、F、Sを含まないCTIの製品を作成しただけでなく、品質とパフォーマンスを検証するための、21ステップのチェックリストもインストールしました。」
CTIのコンプライアンス情報については、ここをクリックしてください。



  1. お問い合わせは、下記へお願いします。
    株式会社リベロ EMAIL: info@libero-inc.com
    〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773 電話:03-3370-6373
    支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10 電話:03-5714-7330
シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries