CTI ブラインドスポッツ 凍結警告

CTIは 、創業以来継続している社内開発による化学技術のブレークスルーで、医薬品、医療、産業、および食品セクター向けの
ソリューションの全ラインをラインアップいたしました。例としては、凍結せずに保存する必要があるワクチンの表示色を変え
ることによる凍結警告や、パンや肉などの使用まで凍結したままにする必要がある食品の解凍警告があります。

CTI (クロマティックテクノロジーインク)は、医薬品、化学薬品、および食品向けに、初めて商業的に印刷可能なBlindSpotz Freeze Alertテクノロジーを発明しました。
このビデオを見て、動作を確認してください。

CTI BlindSpotz Freeze Alert

この特許出願中の技術革新は、アルミニウム、ガラス、プラスチック、紙ラベル、またはフィルムに印刷して、製品が凍結に
よって損傷を受けたかどうかを識別することができます。 非常に正確で、信頼性が高く、低コストであり、パッケージまたは
個々の製品レベルでも安全で高品質のサプライチェーンを確保するために開発されています。

ゲイツ財団と世界保健機関によると、ワクチンの75%は凍結温度にさらされる可能性がありますが、これまで低コストで実用
的な凍結警告診断はありませんでした。 BlindSpotz Freeze Alertがどのようにブランドまたは顧客のソリューションになるか
については、今すぐお問い合わせください。

製品を凍結から守りましょう!

  • 費用対効果が高い
  • パッケージやラベルの一部でOK
  • 完全にカスタマイズ可能
  • GS1コード等との統合化してユニークなアプリケーション

温度に敏感な製品の20%は、コールドチェーン内や、輸送中に損傷を受けます。 今すぐCTIに連絡して、BlindSpotzソリューションと、製品にコールドチェーンアラートを作成する方法についてご相談ください。

医薬品

10の主要な医薬品の内7つは、しっかりと温度管理された輸送を必要とます。 たった2°Cの温度変化で、出荷した医薬完全に台無しになる
可能性があります。

食品

冷凍温度は、食品の品質と、消費者の健康に影響を与える可能性があります。 製品の搬送は、最終顧客に到達する前に、サプライチェーン全体および保管中の各ステップできびしく評価する必要があります。

工業製品

塗料、コーティング剤、または化学物質は凍結すると、製品本来のの有効性が低下する可能性があります。残念ながら、消費者は製品が使用されるまで製品の品質が損なわれたことを知りません。

製品が凍結するまでには、そんなに長い時間が掛かりません。

インクの仕様
色変化 : 白からブルーへ
温度範囲 : LABカラー測定の -B値(ブルー)の発色に対して ±1℃ ;
設定温度 : -4℃から4℃の間で設定可能
発色 : 2℃以上
アプリケーション : 各種パッケージ、粘着ラベル、カード等



  1. お問い合わせは、下記へお願いします。
    株式会社リベロ EMAIL: info@libero-inc.com
    〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773 電話:03-3370-6373
    支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10 電話:03-5714-7330
シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries