CTI サーモクロミック : 真贋判定

犯罪防止アプリケーション 2

配送用パッケージを、箱を開けていないように装って、中の品物を取り出し、再度シールすれば、配達ルート内で簡単に盗むことができます。殆どのパッケージには接着剤付きテープが使用されています。しかしこのテープは、ヘアドライヤーやヒートガン、或いは凍結スプレイを使って接着力を弱めることができます。 CTIの機能性インクはこのような行為に対する防御セキュリティ技術を提供しています。

そこで購入したチケットを持って、友人たちは喜んでアリーナの正面玄関に向かいました。セキュリティ後、ゲートのスキャナーは駐車場で購入したチケットが認証されません。 「外観は同じように見えますが、バーコードが機能しません…」落胆した友人は、正規のチケットを購入するのに十分なお金があるかどうかを確認しなければなりませんでした。

テクノロジーは1990年代から長い道のりを歩んできましたが、ドキュメントを認証し、犯罪者を阻止する必要性はまだ残っています。印刷可能なセキュリティテクノロジーを使用して顧客を保護する方法を次に示します。

高温で色変化するサーモクロミックインク
真正性を検証するための簡単で安価な方法の1つは、高温のサーモクロミックインクを使用することです。このインクは、こすると、黒、紫、赤などの色から透明に、またはある色から別の色に変化します。緑から黄色、オレンジから黄色、紫色からピンクなど。色を変えるドットを紙印刷して紫色から水色に変化させて、擦ると透明になるものもあります。この認証には特別な機器は必要ありません。ただ指で擦るだけです。

Visible and Invisible UV Fluorescing Inks

誰もが履歴書に透かし模様を見たことがあると思いますが、これらは簡単に模倣して偽造紙を作ることができます。履歴書ではそれほど大したことではありません。政府の公式通貨、オリジナル文書、収集品、教科書、コンサートチケット、高級ブランド製品に関しては、2022年までに世界で4.2兆ドルの問題になると予測されています。
しかし特殊な光でしか見えない、目では確認できないインクで印刷できるとしたらどうでしょう? それがまさに蛍光インクの機能です。
初歩的な情報ですが、可視光(色を構成する白色光)には、400〜700ナノメートル(nm)の波長が含まれています。目に見えない紫外線Aの範囲は、315〜400 nmの範囲です。室内のレーザータグアリーナやナイトクラブで見られる紫色のブラックライトは、フィルター処理された低出力のUVA光を発し、装飾、白い布(および歯)を輝かせます。その輝きは、目に見えないUVA光を可視光に変換する蛍光体に由来しています。その興奮とその結果生じる光は「蛍光」と呼ばれます。

商業印刷用インクの蛍光顔料は、紙、フィルム、金属基材上で目に見えたり見えなかったりする可能性があり、蛍光灯の発光波長に応じて、ブラックライトまたはUVA光の下に置くと強い色を発します。世界中のほとんどの紙の通貨は、偽造品を見つける最も簡単で、迅速な方法として蛍光インクを使用しています。たとえば、米国紙幣は次のとおりです、

  • All notes: red and blue fluorescing fibers on the paper
  • $5: ブルーの蛍光スレッド入り
  • $10: オレンジ色の蛍光スレッド
  • $20: グリーンの蛍光スレッド
  • $50: 黄色の蛍光スレッド
  • $100: ピンク色の蛍光スレッド

偽造者は単に蛍光インクを購入し、偽の文書、製品、またはラベルを簡単に作成できると考えるかもしれませんが、それほど簡単ではありません。第1に、CTIはすべての顧客が合法的な企業であることを保証し、少量を販売しません。第2に、ブランドは、蛍光色の強さを読み取るために専用機器を使用しますので、犯罪者は偽のプリントを作成するためにそのリーダーと詳細仕様が必要となります。最後に、ほとんどのセキュリティ印刷には他のセキュリティ機能も含まれています。

たとえば、宝くじは熱で活性化するサーモクロミックインクと蛍光インクを組み合わせてデザインすることがありますが、これは偽造が難しく、偽造できても多額の費用がかかります。

CTIでは、サーモクロミック、フォトクロミック、グローインザダーク、セキュリティインクの独自の用途で、55か国の何千もの企業を支援してきました。CTIは、市販のインクで提供される技術を販売するだけでなく、問題解決、コンセプト開発、技術ソリューション、資格、生産に関する専門知識を提供します。
私たちのチームに連絡して、私たちがあなたとあなたの顧客をどのようにサポートできるかについてご相談ください。



CTI Logo

CTI 総代理店 : 株式会社リベロ EMAIL: kaz@libero-inc.com
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773 電話:03-3370-6373
支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10 電話:03-5714-7330

シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries