クアーズライトを飲むことはCOVIDワクチンを保護するのに役立ちますか?

NBCの12月12日の「サタデーナイトライブ」のオープニングセグメントで、CNNのウルフ ブリッツァーのなりすましキャラクターが、偽の医療専門家であるデボラバークス博士に、COVIDワクチンを-70°Fで保管する必要性について尋ねました。
「どのようにワクチンの注射領分を冷たく保ちますか?」
偽物のバークス博士は、次のように答えています。「幸いなことに、ワクチンはクアーズライトの冷却時発色するインクで印刷された缶に入っています。缶に印刷されている山が青くなると、ワクチンが効果的であることがわかります。」

現実の世界では、クアーズライトのパッケージにはワクチンが含まれていませんが、缶に低温で発色する山を印刷するインクを開発するというクアーズブランドの革新的な取り組みを経験したCTIは、ワクチンが最適に解凍されたかどうかを特定することで、今日の重要な医療サプライチェーンを保護する新しいテクノロジーも開発しました。

クアーズライトの冷却時発色する山の印刷は、コロラド州コロラドスプリングズのChromatic Technologies Inc.(CTI)によって開発されたサーモクロミックインク技術を使用しており、高速でアルミ缶に印刷され、インク硬化時の400°Fの熱に耐えます。この化学的性質は、CTIがすべてのCOVID-19ワクチンバイアルに印刷できる解凍および温暖化アラートを開発するための基礎です。これは、熱によって機能が劣化されたり、無効化された注射液が患者に注入され、免疫保護を提供できないことを特定して防止するのに役立ちます。

CTIは、バイアルや注射剤が凍結(インフルエンザの予防接種など)、解凍、加温、改ざんによって損傷した場合に、警告表示する医薬品用のBlindSpotz™ 「印刷可能な温度センサー」を開発しました。現在、複数の製薬会社がCTIのテクノロジーをテストしています。

「CTIは過去11年間、クアーズライトの冷却時発色する山を改善し続け、その知識を使用して、-20°C~80℃の間の温度変化を特定するように調整できる新しい化学物質技術を開発してきました。」とCTIの創設者であるライル・スモールは述べています。
「医療従事者と患者が直面している重大な問題は、注射前に投薬を見て、それが安全かどうか、または熱や凍結によって損傷したかどうかを知る方法であり、適切でない接種のリスクを排除します」とスモール氏は付け加えました。

クアーズライトを飲むことは、ビールの冷たさと冷たい飲み物を楽しむことです。しかし、あなたが飲むことができるすべてのものは、COVIDワクチンや他の薬の輸送と保管を保護する研究開発に役立ちます。

CTIは、新コロナウィルス ”COVID-19” サプライチェーンの保護に役立つ印刷可能な、凍結、解凍警告技術を発明しました。 当インクで印刷されたラベル等の技術は、強力ですが、同時にシンプルであり、バイアルまたは注射剤に直接適用して、解凍、凍結、過度の熱、改ざん、および認証を正確に示すことができます。 CTIは、米国の新コロナウィルスのワクチン開発に際して、最初の1億回分にこの技術を無料で寄付しています。




  1. お問い合わせは、下記へお願いします。
    株式会社リベロ EMAIL: info@libero-inc.com
    〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773 電話:03-3370-6373
    支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10 電話:03-5714-7330
シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries