CTI オフセット印刷インク

ドキュメント認証、販促資料、ダイレクトメール、各種カップアプリケーションでは、すべてCTIのオフセットインクを使用できます。
お探しの特殊効果が見つけられない場合は、企画している印刷物が作成できるかどうかを確認する場合は、是非ご連絡ください。

サーモクロミックインク

温度が変化すると色が可逆的に変化します。 当社のサーモクロミックインクはすべて同じように機能します。
活性化温度以下では発色し、活性化温度以上では、透明または淡色になります。インクが冷えると、元の色に戻ります。
当社のサーモクロミックインクは、さまざまな温度で色を変えるように変更できます

低温インク:製品を冷却して、消費者にさまざまなメッセージを伝えるアプリケーションで使用されます。
例:冷蔵庫用、或いは冷凍庫用の各種包装、ラベルなど。

体温インク:通常の室温で色を表示し、加熱されると消えたり色が変化するように設計されています。 サーモクロミック
インクで印刷された面を擦ったり、息を吹きかけたり、場合によっては加熱することによって色変化します。
例:小切手、証明書等の偽造防止保護のドキュメント。ツール無しで第一次認証が必要な チケット・クーポン・くじ等、
インタラクティブなダイレクトメール、雑誌の挿入など。

高温インク:この温度域は、加熱されると消えたり、色が変わります。
例:電子レンジ製品や温かい飲み物のラベルに使用し、高温警告

標準温度: 8、12、15 ℃、31 ℃(体熱作動)及び、45℃
カスタム温度: リクエストに応じて製造します。 -5 ℃ 〜 65 ℃
インクの種類: ウェットオフセット、ドライオフセット
UVウェットオフセット、UVドライオフセット
色見本帳 (PDF)


フォトクロミックインク

サンライト(フォトクロミック)インクは、紫外線に当たらないうちは、肉眼では見えない透明です。
ひとたびUV光に照射されると発色します。  このインキの機能は、高セキュリティソキュメントや製品、宣伝物やダイレクト
メールのような双方向広告に応用されています。フォトクロミックインキを使用すれば、特殊は隠し文字などの技術を使う
必要なく、簡単に印刷でき、日光や紫外線に照射されると発色し、簡単に認証可能です。またサーモクロミックインクと
併用して、アウトドア向けの飲料缶等での運用も始まっています。

インクの種類: ウェットオフセット、ドライオフセット
UVウェットオフセット、UVドライオフセット


グローインザダークインク

グローインザダーク(GID:蓄光)インクは、印刷文書に独特の外観をもたらすためによく使用されます。
CTI製インクを使えば生産コスト(TCP)を下げて、 グローインザダーク 効果をより簡単に手に入れることができます。
しかもオフセット印刷でも使用可能です。オフセット印刷機では、多くの場合、スポットカラーとして採用されています。
この革新的なインクにより、オフセット印刷会社は、 グローインザダーク 加工を外注する必要がなくなります。
必要なグローの量に応じて、印刷会社は、1回刷り、2回、3回、または4回刷りをして盛り量を調整します。人工光または
自然光によって蓄光されると、印刷会社の社内印刷のみで加工されたグローインザダークはすごい効果をします。
このインクは年間いつでも効果的なものですが、ハロウィーンやクリスマスの時期には特に効果的です。
最高の結果を出すには、白または明るい背景に印刷することをお勧めします。

インクの種類: ウェットオフセット、ドライオフセット
UVウェットオフセット、UVドライオフセット



  1. お問い合わせは、下記へお願いします。
    株式会社リベロ EMAIL: info@libero-inc.com
    〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773 電話:03-3370-6373
    支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10 電話:03-5714-7330
シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries