CTI – 製品に安全を表示

食品パッケージが高圧処理を受けていることを証明する
CTIの最新の発明のひとつである「HPP Indication Technology」を使えば、ブランドは、高圧処理された食品サプライチェーンのパフォーマンスを検証することができます。 CTIでは、パッケージが50,000 psiの圧力で処理されたことを表示するインジケーター技術を提供します。 これにより、ブランドと小売業者は、製品が高圧処理機をバイパスしたか、深刻な熱損傷を受けたかを監視する管理ツールを持つことになりマンス。

安全への取り組み
CTIは、すべての主要な印刷プラットフォームでさまざまなテクノロジーを提供し続けています。CTIは安全への取り組みの一環として、より安全且つ機能性に優れたインク製品の開発、製造に向けて努力を続けています。
当社のインクは食品非接触の用途です。CTIは、当社への原材料サプライヤーと共に、当社製品である印刷用機能性インクに採用されている原材料が、ユーザーの求めるアプリケーシに適していることを常に確認しています。

製品を冷蔵庫に戻すように
消費者に伝えます。

毎年、推定4,800万件の食物関連疾患があります。 「冷蔵庫に戻す」インジケーターを使ってブランドは、消費者がこれらの疾患ケースの原因にならないように通知します。 左の例は、庫外に出して温度が上がると、消費者に製品を冷蔵庫に戻すよう促すメッセージが表示されます。

ユーザーに紫外線を浴び過ぎていると警告します。

CTIの「UVバーンアウト」は、一定量の日光にさらされると色が変わり、UV光照射されていることを示します。
平均して日焼けが5回を超えると、メラノーマ(黒色腫)のリスクは2倍になります。
製品に「UVバーンアウト」インジケーターを付加して、消費者に日焼け止めを使うよう促します。

不可逆的不正防止シール
CTIの不可逆インク技術を使った改ざん防止


ブランドは、改ざんされた製品のコストで生産はできません。 CTIの不可逆インクを使ったタンパーエビデントシールは、製品のシールが高温に晒された場合、何かしらの改ざんされていることを示して、消費者と小売業者に警告できます。

不可逆性インクを使って、
ヒートシール品質チェック

製品が適切にヒートシールされたことを保証するインク技術です。
CTIの高温不可逆インク技術を使用すると、
ヒートシールプロセス中に製品が適切にシールされたことを明確に示すことができ、消費者に安心を提供できます。



  1. お問い合わせは、下記へお願いします。
    株式会社リベロ EMAIL: info@libero-inc.com
    〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773 電話:03-3370-6373
    支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10 電話:03-5714-7330
シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries