CTI セキュリティ

CTI セキュリティ機能性インクを使用すると、タッチ、摩擦、または特殊な光を使って製品の真贋を簡単に認証できます。


タッチして認証

パッケージまたはドキュメントの真贋を、すばやく確認するためには、最も敏感で応答性の高い方法であり、かつ特別の道具を必要としません。体温で、CTIサーモクロミックインクは、消えるか、ある色から別の色に変わります。

体温より高温のサーモクロミックインク

擦って温度を上げると、インクが消えるか、隠し込まれた画像、文字が現れます。
摩擦は加熱でインクは消えたり、ある色から別の色に変化したりします。

3 Color Security Ink

蛍光インクとフォトクロミックインク

特別な波長の光の下でのみ表示される透かしを作成したり(蛍光インク)
または、日光にさらされたとき発色します(フォトクロミックインク)。

PhotoTag

CTI独自のPhotoTagテクノロジーは、PhotoTagスキャナーを使って、製品が本物または不正であることを確認します。
右の例では、CTIのPhotoTagテクノロジーを使用して、ゴースト化されたロゴが印刷されています。これを一次および二次包装に採用することで、製品の信頼性が確保されます。



シェアする
L I B E R O — for Narrow Web Industries