CTI 機能性インク ニュース

ニュースレター

NBCの12月12日の「サタデーナイトライブ」のオープニングセグメント(こちらをご覧ください)で、

CTI ニュース抜粋

医薬品の世界的サプライチェーンが安全性と品質に対して、厳格な調査の対象とする中、CTIは、ビスフェノールA、F、Sを含まない印刷可能なサーモクロミック技術を導入しました。
この開発は医薬品包装に関する厳しい規制基準を満たしています。

コロナウイルスの蔓延により、ワクチンと医薬品のサプライチェーンに対して世界の注目が集まりました。更に、コールドチェーンを監視し、温度の悪用と改ざんを識別して認証を提供する低コストテクノロジーへの関心が高まっています。
ビスフェノールA(BPA)は「内分泌かく乱物質」と分類されていますが、多くのプラスチック、食品および飲料用缶のライニング、ノーカーボン紙に含まれています。既にいくつかの会社は、ビスフェノールA、FおよびSをより慎重にするために制限することを試み始めました。 CTIはその取り組みを認識し、製薬包装会社が現在利用できる最新のイノベーションで対応しています。
CTIのBlindSpotz™テクノロジーは、凍結、解凍、段階的な加温、改ざん、認証を検出する薬物用の低コストの印刷可能なセンサーを作成した特許技術のポートフォリオです。
製薬観覧の印刷会社だけでなく、食品および飲料品ラベルパッケージの印刷会社でも、CTIの革新的なサーモクロミックインクにビスフェノールA、F、およびSを含まないことが求めています。これまで、印刷会社の中には、従来のサーモクロミックを厳格な内部および外部の規制基準に準拠していないことを理由に使用することを拒否している企業がありました。
CTIの最高経営責任者であるライル・スモールは、次のように述べています。「私たちは、サーモクロミック技術を再発明し、製薬業界の顧客の高い基準を満たすという課題に取り組みました。 「BPA、F、Sを含まないCTIの製品を作成しただけでなく、品質とパフォーマンスを検証するための、21ステップのチェックリストもインストールしました。」
CTIのコンプライアンス情報については、ここをクリックしてください。


サーモクロミック メタルデコレーションインクは、世界の大手飲料缶に数多くの種類で採用されていますが、新しく「スミノフ」にも採用されました。


特殊セキュリティインク
犯罪者の一歩先に行く技術 Part2
凍結/加熱タンパーセーフ

配送用パッケージを、箱を開けていないように装って、中の品物を取り出し、再度シールすれば、配達ルート内で簡単に盗むことができます。殆どのパッケージには接着剤付きテープが使用されています。しかしこのテープは、ヘアドライヤーやヒートガン、或いは凍結スプレイを使って接着力を弱めることができます。 CTIの機能性インクはこのような行為に対する防御セキュリティ技術を提供しています。 続きは上の画像をクリック
特殊インクを使用してプロジェクトを
正確に見積もる方法

商業印刷業務では、在庫にできる被印刷基材とインク、そして、刷版、印刷準備時間、印刷時間等がコストの殆どを占めますが、サーモクロミック、フォトクロミック、蓄光インクは一般品インクではないため、コスト計算には特別の配慮が必要です。これらは印刷物の価格設定に大きく影響し、印刷に於いて正確に使用量を制御しないと印刷会社の収益に影響を与える可能性があります。
続きは上の画像をクリック
BlindSpotz™は、経済的なオンパッケージ凍結警告機能であり、食品、工業製品及び、
医療製品の品質を保証します。
続きは、上の画像をクリック
Crown Bevcan Europeは
コカ・コーラ飲料缶に、
CTIのリヴィールインクを採用
Crown Bevcan Europe&Middle EastとChromatic Technologies Inc.は、テクノロジーのコラボレーションを行ない、製品の消費中にグラフィックに変化を与える機能をCoca-Colaに提供することになりました。
ペンシルベニア州フィラデルフィアでは、消費者の関心とリピート率をめぐる競争が激化するにつれて、小売店の差別化と結び付き強化のために、ブランドは増々パッケージに目を向けています。コカ・コーラは、消費前、消費中、消費後にインタラクティブな体験を提供するために、コーラ、コークゼロ、ファンタ、スプライトのサーモクロミックインクを使った新デザイン缶をリトアニア、ラトビア、エストニアで発売開始しました。
Crown Bevcan Europe&Middle EastとChromatic Technologies Inc.(CTI)のコラボレーションの結果、リヴィールインクにより、印刷デザインを変更して、飲んで消費する間に特定の画像とメッセージを「表示」します。 缶が冷えているときに2つのサーモクロミックインクが同時に現れ、製品が消費されると、サーモクロミックインクの1つが消えます。この技術は、1つのアンビエント「オリジナル」画像、1つの「コールド」画像を提供し、消費者が缶の中身を飲み干すと、3番目の画像が表示され、メッセージを隠す完璧な手段を提供します…
通常インクとCTI色変化インクとの
色強度差を理解する
パッケージのデザイナーは、キャンディーのパッケージを再設計する際に大きなエリアをサーモクロミックインクで作成して、キャンディーを、美味しく、冷めるまで 冷蔵庫に置くことに焦点を当てています。パッケージの色が変わると、それが楽しみの手がかりになります。
「サーモクロミックインクのPMS番号を含むカラーパレットを教えてください。」という質問が出ます。

詳細は、上の画像をクリック
特殊セキュリティインク
犯罪者の一歩先に行く技術 Part1

30年程前ですが、駐車場のでチケットスキャルパーが、お気に入りのジャムバンドを見に行く友人のグループに近づきました。 「チケットが必要ですか?」 案の定、4人はまだチケットを持っていません。 「1枚 定額の20ドル」 私の友人は家族の緊急事態のために今夜行くことができませんでした。 続きは上の画像をクリック
CTI/ATI: Freeze Indicator Label Technology
パッケージ、バイアル、シリンジに印刷されたBlindSpotzは、ワクチンや医療品を保護するために、凍結インジケーター部分を付加したラベルを付けて出荷されます。
米国商務省によると、約2,600億ドルのバイオ医薬品は温度に敏感であり、これらの製品は、毎日「コールドチェーン」プロセスで出荷され、病院、薬局、およびその他の医療/歯科に配達されていますが、長年、望まない高温や低温に晒されているのではないかという疑問がありました。
American Thermal Instruments(ATI)とChromatic Technologies Inc.(CTI)のパートナーシップにより、個々のパッケージ、バイアル、シリンジに経済的に印刷できるBlindSpotz™凍結警告技術が導入され、医療用品やその他の重要なアプリケーションを保護しながら、製品の無駄を低減させる実効的プロジェクトが開始されました。
4°Cから-4°Cの温度を記録する現在のコールドチェーンテクノロジーは、デバイスあたり約3ドルかかりますが、CTIのBlindSpotzフリーズスポットテクノロジーは、1パッケージあたり、数セントで済みます。

CTIのこの機能性インクによる印刷は、パッケージング用の既存の印刷プロセスに組み込むことができます。魚介類、イチゴ、花、塗料だけでなく、何十億ものワクチンのパッケージを個別に品質と安全性について検査することができます…
ペプシコメキシコフーズが太陽の下で
「チェスターチートスはどこですか?」と
輝くパッケージのプロモーションを開始
CTI のフォトクロミックインクでは、1商品として最大の使用量となるプロジェクト。
詳細は、上の画像をクリック

ブランドパッケージのイノベーションを、アイデアから実際の市場に
出すまでの手順

サーモクロミック、フォトクロミック、グローインダーク、およびBlindSpotz™インクテクノロジーの開発には、高度な化学技術と非常に多くの実験とテストの繰り返しが必要です。
しかし、特にサプライチェーンと意思決定を行なう際にに複数のプレーヤーがいる場合、実際にソリューションを実際にどのように商品化して流通させるのでしょうか? 革新的なアイデアでも日の目を見ないケースが非常に多く存在することも事実です。

詳細は、上の画像をクリック




本社:〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-773Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマ
電話:03-3370-6373 FAX:03-3370-0810
支店:〒144-0052 東京都大田区蒲田1-18-10
電話:03-5714-7330 FAX:03-5714-7864
Website ① Website ②
EMAIL: kaz@libero-inc.com

コメント